シェアハウスとは?

新宿区のシェアハウスの使い方

Google

シェアハウスとは、リビングやバス、トイレ等を複数人でシェアする居住形態のことをいいます。シェアハウスならば、毎月4万円程度で新宿区に住むことも可能です。

シェアハウスとは?

 最近耳にすることが多くなってきた「シェアハウス」ですが、そもそもシェアハウスとは一体何なのでしょうか。

ここでは、シェアハウスについて詳しくご説明させていただきます。

 シェアハウスとは、一つの住居内において、それぞれのプライバシーを確保しつつもリビングやキッチン等は共有する、つまりシェアするという住居形態のことをいいます。

 一般的に一人暮らしをする場合、マンションの1室を賃借することになります。

そしてそのお部屋の内部、つまりキッチンやバスルーム、トイレ、ベランダ、そしてリビング等は、全てあなただけが使用します。

もちろんあなたが入室を許可しない限り、他の誰かがカギを開けてそのお部屋に入ってくることはありません。

 これに対してシェアハウスの場合、一つの室内で数名が共同生活を送ります。

それぞれ自分だけの部屋というものは持ちつつも、リビングやキッチン等を他の居住者とシェアするのです。

 そのためシェアハウスは、初めて一人暮らしをするという方や、今後の人生を一人だけで暮らしていくのは寂しいという方に、大変人気があります。

 またシェアハウスでは、複数人で住居をシェアする分毎月の家賃を安く抑えることが可能です。

例えば新宿区でワンルームマンションを借りる場合、平均して毎月9万円程度の家賃を支払う必要がありますが、シェアハウスの場合、毎月4万円~6万円程度でお部屋を借りることができてしまうのです。

 毎月4万円で新宿区に住むことができるだなんて、まるで夢のような話ですよね。

記事RANKING

MENU